まとめ記事少年野球

人気の6全道大会/北海道少年野球/結果まとめ記事

このページでは北海道の野球少年に人気のある6つの全道大会(●全日本学童●スタルヒン杯●全道少年●ホクレン旗●ファイターズチャンピオンシップ●太陽グループ杯)の試合結果、歴代優勝チーム一覧、全国大会での結果についてまとめをしています。

北海道の少年野球6大全道大会

全日本学童 小学生の甲子園

日本の小学生軟式野球の「全国大会」2大大会は「全日本学童大会(マクドナルドトーナメント)」と「全国スポーツ少年団交流大会」です。「全日本学童軟式野球大会」は高校野球と同じく、都道府県予選を勝ち抜いたチームが集まり、日本一を争います。少年野球では強いチームがどちらかの全国大会しか出場できないように調整を行っています。各当道府県では、まず、全日本学童大会の北北海道代表、南北海道代表の選出を最優先としてスケジュールを組み、調整をします。ゆえに、「全日本学童」の都道府県代表は「その年の都道府県最強」であり、全国大会の覇者は「小学生野球日本一」と誰もが認めるところとなっています。
全日本学童の北海道代表は1995年までは「全道少年野球大会」が代表決定戦でした。1995年から全日本学童「単独の」北海道予選会が開始されています。2001年からは高校野球と同じく、北北海道と南北海道に分けられ、各々の優勝チームが代表となりました。
全国大会では2017年、札幌市の東16丁目フリッパーズが全国制覇。ベスト4は五度あり、1987年西琴似パンダース、002年、2010年白老町緑丘ファイターズ、2016年東16丁目フリッパーズ、2021年岩見沢南ビクトリー。
過去の北海道予選の結果は下記をご覧ください。(サイト内リンク)


全日本学童/北北海道/少年野球/試合結果/2001-2022
こでは小学生軟式野球の「全日本学童大会北北海道予選」の結果2001-2022を記載しています。

全日本学童/南北海道/少年野球/試合結果/2001-2022
ここでは小学生軟式野球の「全日本学童大会南北海道予選」の結果2001-2022を記載しています。

全日本学童/全道大会/少年野球/試合結果/1995-2000
ここでは小学生軟式野球の「全日本学童大会北海道予選」の結果1995-2000を記載しています。

スタルヒン杯 人気の理由は、もう一つの全国予選

故ヴィクトルスタルヒン氏は日本プロ野球史上初の外国生まれの選手。通算303勝をあげ野球殿堂入り(1960年)をした伝説の投手です。「スタルヒン杯争奪全道スポーツ少年団軟式野球交流大会」は旭川市等が主催するスタルヒン氏の功績を称える北海道内の少年野球大会です。1980年から「40年以上」の開催実績を持ち、道内では北海道新聞社主催の「全道少年軟式野球大会」と並び、歴史のある大会です。今の選手、父兄達からするとスタルヒン氏の認知度はかなり低いです。それにも係わらす人気がある理由は、「スタルヒン杯」が全日本学童大会とは別の「もう一つの全国大会」=「全国スポーツ少年団交流大会(全国スポ少)」の北海道予選となっているためです。当初は全道少年軟式野球大会の準優勝チームがこの全国スポ少に出場。1990年代半ばより、スタルヒン杯の優勝チームが全国への出場権を獲得することになりました。

全国スポ少では、2002年江別市の元江別アニマルズ2010年札幌市の小野幌ライオンズ優勝1981年三井芦別ブラックスネークスは準優勝
※1992年旭川市の大有野球少年団はベスト4に進出したものの悪天候で準決勝、決勝は中止。
過去のスタルヒン杯の結果は次のリンク先をご覧ください。


スタルヒン杯全道大会/少年野球/試合結果/1980-2022
北海道旭川が主催する故スタルヒン氏を称える少年野球大会「スタルヒン杯」1980-2022(昭和55年~令和4年)の試合結果です。全国スポーツ少年団軟式野球交流大会の北海道代表決定戦です。

 

全道少年 北海道新聞主催

北海道新聞社が主催する「全道少年軟式野球大会」は1972年から始まり、「半世紀以上」の開催実績を持ちます。北海道軟式野球連盟支部単位の予選を勝ち抜いた代表チームが札幌市に集結します。大会開始当初は管内1チームずつの代表による16チームトーナメントでした。現在のスタルヒン杯や全日本学童の北北海道、南北海道大会の規模です。現在の「全道少年」は出場枠が増え、約1.5倍の規模になり、選手にとって全道大会出場のチャンスが広がっています。
また「全道少年」は全国大会(1981年開始の全日本学童大会、1979年開始の全国スポーツ少年団交流大会)の北海道代表選考会としての役割を、1990年代半ばまで果たしてきています。現在も各種全国大会の予選を兼ねており、人気度の安定した大会と言えます。
会場は当初、全道一円で持ち回り開催されていましたが、現在は全天候型施設の「札幌コミュニティドーム(つどーむ)」での固定開催となっています。


札幌つどーむ開催/全道少年軟式野球大会/試合結果/1972-2022
ここでは全道少年軟式野球大会、通称「全道少年」の1972年からの全試合結果を記載しています。

ホクレン旗 総集編テレビ放映あり

「ホクレン旗争奪北海道少年軟式野球選手権」は北海道少年軟式野球連盟が主催。「ホクレン」が冠スポンサーで約40年の開催実績を持つ少年野球大会です。全道大会の会場は2000年頃までは円山球場、その後は麻生球場がメインでした。全道大会では、UHB北海道文化放送によるテレビ放映があります。全試合中継ではなく総集編ですが、子供達や親にとって楽しみの一つになっています。また、開会式にはミス北海道米の始球式があり、閉会式には賞品にお米が登場し、しっかりホクレンのPRがなされます。優勝チームは東北地区の強豪と戦える北日本大会への出場権獲得。


ホクレン旗全道大会/少年野球/試合結果/1984-2022
このページは北海道の野球少年に人気のホクレン旗1983-2022の試合結果を記載しています。

ファイターズチャンピオンシップ 全試合札幌ドーム

「ファイターズチャンピオンシップU-12」は北海道日本ハムファイターズが主催する北海道内の少年野球大会です。2004年にプロ野球チームの日本ハムファイターズは東京ドームから本拠地を札幌ドームに移転。2006年に初の日本一を達成。その翌年に「ファイターズジュニア王座決定戦」が開始。2007年は札幌市内の小学生チームのみを対象の「プレ大会」として開催。翌年より、各地区代表を集めた全道大会を実施。その後、名称を「Fighters-championship U12」に変更。全試合札幌ドームでプレイできる大会として北海道の小学生には認知度抜群のイベントとなりました。2023年の日本ハム本拠地移転につき、札幌ドームでの開催は2022年がラストと思われます。


ファイターズチャンピオンシップ全道大会/少年野球/試合結果/2008-2022
このページは北海道日本ハムファイターズの主催する少年野球大会「ファイターズチャンピオンシップU-12」全道大会2008年~2022年(平成20年~令和4年)の試合結果を記載しています。

太陽グループ杯 5年生以下北海道最強

「太陽グループ杯争奪北海道少年軟式野球選抜大会」は北海道少年軟式野球連盟が主催。地元企業の「株式会社太陽グループ」を冠スポンサーとする北海道内の大会です。開催実績は1994年から25年以上。対象選手が小学5年生以下、いわゆる「新人戦」の全道大会となります。全道大会の会場は札幌市と地方を交互に巡回しています。札幌市の開催では、太陽グループ所有の「太陽グループ少年野球場」を使用。大会は16チームのトーナメント(15試合)を二日間で消化。札幌開催は、三面あるこの球場により効率的な大会運営。ただし、時期的に降雨になる日が多く、運営泣かせです。

地方開催は下記のとおりで、かなりダイナミックに北海道を巡回。(情報把握分のみ掲載)
2016登別市 2014江差町 2012函館市 2010釧路市 2008稚内市
2004羽幌町 2002苫小牧市 2001帯広市(芽室町) 1998網走市 1995苫小牧市


5年生以下最強/太陽グループ杯全道大会/少年野球/試合結果/1994-2022
このページこのページは北海道の少年野球新人戦(5年生以下)、太陽グループ杯全道大会の1994年(平成6年)からの試合結果を記載しています。

各大会の歴代優勝/準優勝

全日本学童北北海道 2001-2022
全日本学童南北海道 2001-2022
全日本学童北海道  1996-2000
スタルヒン杯    1981-2022
全道少年      1972-2022
ホクレン旗     1984-2022
ファイターズ杯   2007-2022
太陽グループ杯   1994-2022
上記の6大大会の歴代の優勝チームは下記をご覧ください。


歴代優勝/北海道少年野球/全道大会の結果
ここでは北海道の少年野球6大全道大会の各歴代優勝チーム、準優勝チームを記載しています。

全国大会の結果

全日本学童軟式野球大会 1981-2022
全国スポーツ少年団軟式野球交流大会 1981-2022
北海道代表の全国大会での結果は下記ページをご覧ください。


全国大会の結果/北海道少年野球/全日本学童&スポ少
ここでは少年野球の全国2大大会、全日本学童軟式野球大会と全国スポーツ少年団軟式野球交流大会の北海道代表の過去の試合結果を記載しています。

 

タイトルとURLをコピーしました